金属部品をプラスチックにチェンジ!

金属を用いるよりもっと良いプラスチックを紹介し加工する専門サイト。

ジャストインメイク®工法のメリット(機能的メリット)

HOME / ハイブリッド加工 / 機能的なメリット

ハイブリッドプラスチック加工「ジャストインメイク®」は、金属に代わる高機能樹脂スーパーエンプラなどを加工し部品製造する際に、低価格化できる!というメリットを説明しましたが、その他にも、この工法によって更に良くなることがあります!


ひけ・反りが起こりにくく、肉厚あるものが可能です!

市販板材は押し出しによって目ができるため、加工すると反りやすい。

成形による製品製造は、その肉厚に限界があります。 あまり厚みを与えてしまうと、温度を上げて溶融し、型に入れて冷却固化させる際、表面と内側の温度差によって反りやひけが発生しやすくなるため、薄いものが一般的です。

しかしジャストインメイク®加工では、成形時の環境条件の工夫により、かなり肉厚があるものでも製造可能です。

また、切削加工においては、市販されている板材・丸棒材などの押し出しによる材料を切削すると、これもまた特に薄い部分に反りが出やすくなります。 これは、押し出しによって材料に一方向の目ができるためです。

ジャストインメイク®では、押し出しによる成形を行わないため、成形物に目ができません。 そのために、後加工の切削を行っても、反りが出にくいのです。


強固な部品ができます!

市販板材は押し出しによって目ができるため、加工すると反りやすい。

これも上記の内容にかぶりますが、市販されている板材・丸棒材などの押し出しによる材料を切削して、歯車のような部品を製造したとします。押し出しによる材料の目があれば、特に歯車の歯の部分などは、ある方向からの力に対して弱くなる場合があります。

しかし、ジャストインメイク®であれば、この材料目ができないため、このような状況に対してより強い部品を作ることが可能です。


異なる材質を組み合わせて加工できます!

異なった材質を組み合わせた加工品

面白い例として、ジャストインメイクでは、プラスチックを金属と組み合わせたり、セラミックスと組み合わせたり、同じ樹脂でも異なる材質と組み合わせた ものをつくることができます。

例えば、左上は、予め仕込んだSUSの棒にPEI(ポリエーテルイミド)ウルテム®樹脂をジャストインメイク加工した半導体製造に関わる部品です。長さが35mmもある長い部品で、別々に加工すると結構難しいものです。

次に、左中は、セラミックスのコアにETFE樹脂をジャストインメイク加工したものです。これも複雑な形状をしているため、普通に別々の加工をしてできるものではありません。

最後に、左下は、アクリルベースの中にPEEK樹脂の●板が入っています。これもジャストインメイク加工によるもので、後入れでありません。

ご注文・お見積・ご質問はお気軽に

 
 
 
 
KDAのサイト
KDAのプラスチック加工技術
KDAのPEEK加工専門サイト
セラミックスファクトリー(セラミックねじとセラミック加工の専門サイト)